馬籠ふるさと通信

中山道「落合の石畳」

 

中山道の落合宿と馬籠宿を結ぶ峠にある「落合の石畳」。

全長は約840mで、そのうち約70mは江戸時代の石畳そのもの。
老朽化や石の持ち去りなどの理由もあり、当時のままの石畳が残るのは、東海道の箱根と落合の2ヶ所のみなんだとか。

当時の街道の雰囲気が感じられる人気のウォーキングスポットです。

 

関連記事一覧

  1. 付知峡
  2. 馬籠宿
PAGE TOP